So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

仙台七夕まつりってどんなお祭り?時間や日程は?仙台七夕花火祭で場所取りはできるの? [夏のイベント]


仙台七夕まつりは東北三大まつりの一つとして全国的に有名なおまつりです。

伊達政宗の時代から始まった深い歴史を持つおまつりであり、日本古来の星祭りの優雅さと豪華絢爛な七夕飾りで全国的にも有名なお祭りです。

ここではそんな仙台七夕まつりの歴史や気になる日程、時間、前夜祭的な催しである仙台七夕花火祭について説明していきます。

江戸から伝わった七夕の風習を取り入れ、伊達政宗の時代から始まった仙台七夕まつりは伝統行事として受け継がれ、明治、大正と続いていましたが次第ににぎわいが衰えていました。

昭和2年に仙台の街を盛り上げたいという仙台商人の有志が豪華な七夕飾りを復活させると、翌年には七夕飾りコンクールなどの催しが行われ、開催時期も現在と同じような形になり、再び活力を取り戻していいきます。

本来旧暦の7月7日の行事として全国に広まった七夕まつりは、いまでも各地でその日を中心に行われることが多いですが、仙台では季節感に合わせるために新暦に1か月を足した中歴を用い、8月6日から8月8日という日程で毎年開催されています。

期間中は毎年200万人を超える観光客が訪れ、市の中心部や周辺商店街をはじめとした街全体を彩る豪華絢爛な七夕飾りに心を奪われています。

期間中は街全体がお祭りムードに包まれますが、中でも様々なイベントを行っているメイン会場と言えるのがおまつり広場です。

和太鼓や音楽隊のステージが行われたり、仙台の名産品を集めた出店で仙台グルメを楽しむことが出来たりする他、七つ飾り作成体験や、短冊記入コーナーなどもあり、幅広い年齢の人が楽しむことができます。

おまつり広場の開催時間は3日間通して10:00~21:00までの間で、一日中楽しむことができます。

また、市内を彩る七夕飾りは8月6、7日は10:00~22:00、8月8日は21:00までの予定で公開されています。


また、おまつりの前夜祭的な催しとして仙台七夕花火祭が行われます。

仙台青年会議所が主催するこの花火祭では、広瀬川仲ノ瀬緑地運動広場から約1万5000発の花火が打ち上げられます。

当日は14:00頃から本部テント前で地元高校生などによるパフォーマンスが行われ、カウントダウンライブを経て19:00から約1時間半かけて1万5000発の花火が打ち上げられるという、一日楽しめる充実した内容の花火祭です。

気になるのは花火が良く見える場所で場所取りができるかですが、当日は45万人の来場者を誇る東北屈指の花火祭で、市街地のため仕事帰りにも訪れやすいという立地から大変混雑します。

無料で場所を探すなら昼過ぎには会場入りするのがいいでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

浴衣は安い通販で購入して浴衣ヘアに凝るのも良し [7月のイベント]

浴衣は安い通販で購入しておいて、浴衣ヘアに凝ってみるという事をするのも良いかも知れません。特に女性であれば浴衣の時の髪にはいろいろと凝りたいところもあるでしょう。男性が女性の魅力を感じる所でもありますから、ここには女性も力を入れたいという様に考えている人も少なくはないはずです。 今は通販が極めて競争が激しくなっていますから、良質なモノが安く買えるようになっています。ハッキリ言えば店舗は質も量も価格も全てにおいて通販に劣ると考えた方が良いかもしれません。現物を見たいというのであれば、店舗に行くということになるかもしれませんが、良いものがそこで見つかれば、その場で端末を取り出してネットで価格を比較したり、セールを探したりして、お得に買う事が出来る方法を探すというのが今の時代の常識でもあります。 お店で購入すると、持って帰るという事も手間になりますし、荷物にもなるので面倒でもあります。浴衣はある意味では自分をアピールする絶好の機会という事も言えなくもありません。普段では人に見せる事が出来ない魅力を見せる事が可能な時でもありますから、そのようなケースは最大限に利用すべきという事もいえるはずです。これは女性だけではなく、男性出も言える事ですから、自分をアピールするという意味でも最大限に利用すべき時です。今は男女の出会いの場というのは極めて少なくなっていて、男性も女性も自分を異性にアピールする場はかり無くなっています。別に浴衣がその場所を提供してくれるというわけでは在りませんが、普段とは違う姿を見ると、必ず人は目をやることになりますから、そこで新しい魅力を感じる事になるケースは少なくはありません。同性に対しても自分の印象を変えることも出来る事もありますから、ここで自分のポイントを高くする事は出来ると考えて良いでしょう。普段ではまずそのようなポイントアップの機会はほとんどありません。ほとんどの人が同じような日常生活を送っているので、代わり映えがしない状態が続くと人は、その価値を下げていくという事があるわけです。慣れてしまうという事も言えるのかもしれませんが、そのような時には、こうした新しい刺激が入ってくる事も大切になるわけで、そうした場というのは大切にしなければなりません。特に最近のような社会性が常に求められていて、良い人であることが常に求められる監視社会では、こうしたちょっとしたところで自分をアピールしていく必要があります。
nice!(0)  コメント(0) 

父の日はビールで乾杯しながらポロシャツをプレゼント [6月のイベント]

母の日と比較すると、父の日は忘れてしまいがちと言われてしまうこともあり、父親にとっては悲しい限りでしょう。 しかしながら、世の中のお父さん達は毎日家族のために汗水流して精一杯働き、休みの日には家族サービスに勤しんでいるのです。そのような父親に対して、せめて父の日くらいは日頃の感謝の気持ちをしっかりと言葉にし、家族全員から愛されていることを態度で示してあげるべきではないかと思われます。   そのためには父の日にプレゼントを贈ることが、感謝の気持ちを伝える方法としてわかりやすいでしょう。どのような品をプレゼントすれば良いのか、それを考えることが難しいと思う人もいるかもしれませんが、 おすすめの品の1つとしてポロシャツが挙げられます。半袖のタイプがより好ましいのですが、その理由は季節を問わずに着用することができるからです。春夏であれば1枚で着られ、秋冬には重ね着をして寒さをしのぐことが可能となります。 ポロシャツはスタンダードな形のため、万人に似合うといっても過言ではなく、着用する人を選ばないという大きなメリットがあるのです。様々な色展開があるため、自分の父親に似合う色のものを見つけることが容易いといえます。ボーダーや花柄などのデザイン性のあるポロシャツも市場には数多く出回っていますが、柄のない単色の方がコーディネートしやすく、あらゆる場面で活用させることができるので、色違いで複数枚持っていても決して持て余すことはありません。 寒い場合の重ね着として、カーディガンやジャケットなど羽織るアイテムを選ばず、合わせやすいというのもポロシャツの大きな特長といえます。襟が付いているため、きちんとした印象にも見せることができ、ビジネスの場でも活用させることができるのです。ボトムスにジーンズやコットンパンツを合わせると、カジュアルなイメージに変身させることができるので、オンとオフの両方に重宝する便利なアイテムといえます。 父親にプレゼントを贈る際には、メッセージ入りのカードを添えると良いでしょう。直筆のメッセージはより一層心に響き、最高のプレゼントとなるはずです。親子でビールで乾杯しながら父の日を祝えば、親にとっても子にとっても忘れることのできないシチュエーションの父の日になるといえます。普段は恥ずかしくてなかなか口にできない感謝の気持ちを、堂々と伝えることのできる1年の内の貴重な日として、親子でコミュニケーションを図ることが重要です。
nice!(0)  コメント(0) 

初節句のお祝い金額の相場とのしの書き方をチェック [3月のイベント]


初節句というのは子供が生まれて初めて迎える節句のことです。
女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句がこれに当たります。
身内に初節句を迎える子供がいる場合、お祝いをすることになるでしょう。
初めての場合はよく分からないこともあるでしょうから、お祝い金の相場やのしの書き方などをチェックしておくことがおすすめです。
金額については厳密な決まりなどはありませんが、
父方の祖父母は5万円程度で
母方の祖父母は10万円程度、
おじやおばは5千~1万円程度、
両親の友人や知人は3千~5千円程度が相場と言われています。
母方の祖父母の金額が高い理由は節句飾りの代金に充てることが前提になっているためです。
事前に節句飾りを購入して送っている場合、さらにお金を送る必要はありません。
親戚や友人の場合は1万円以内で十分ですが、食事会に呼ばれた場合はさらに2千~3千円程度のお祝いの品を贈るようにしましょう。
渡すものは節句飾りの小物などでも良いのですが、子供服や玩具にした方が喜ばれることが多いです。
また、ホテルや会席料理店などで食事会が行われる場合、相場の2倍程度のお金を渡すことがポイントです。

子供の初節句のお祝いはしても雛人形は母親のものを渡すため、購入しないという家庭もあるかもしれません。 雛人形は子供の分身として病気や災いから身を守ってくれるものであり、
本来なら子供のために新しく購入する必要があります。
しかし、あまりお金をかけたくないという理由や母親が気に入っているものを子供にあげたいといった理由で雛人形を購入しない家庭も増えてきているのです。
お祝いだけを簡単にする場合、父方の祖父母は3万円程度で母方の祖父母も3万円程度、おじやおばは5千~1万円程度、両親の友人や知人は3千~5千円程度で良いでしょう。
母方の祖父母の金額は雛人形を購入する場合より低くなります。
両親も雛人形を買わないと大きな出費がありませんし、たくさんお金をもらっても気が引けてしまうでしょう。
近年では初節句を祝うのは祖父母だけという家庭が一般的です。
しかし、地域や家族によって事情は異なりますし、事前によく相談して決めておくことでトラブルを避けることができます。

のし袋は蝶結びの水引きのものを選びましょう。
表書きの上段は初節句御祝や御祝といった言葉を書きます。
金額が1万円程度なら水引が印刷されたのし袋で良いとでしょう。
お札は新札を選ぶのが良く、四や九といった縁起の悪い数字に結び付く枚数は避けましょう。

nice!(0)  コメント(0) 

入学祝いの金額と渡す時期、品物の場合はどんなものが良い? [4月のイベント]

入学式はおめでたい行事ですが、お孫さんが入学だという場合、お祝いはどうしようかと悩んでいる人や親戚や知人に入学する学生がいる場合は、出費の大変さに懐が寒いという人も少なくないようです。 入学祝いの金額の相場はどれくらいなのか、渡す時期はいつ頃がいいのか、品物にする場合はどんなものがいいのかなど、頭の痛い問題がいっぱいです。 入学祝いの相場金額ですが、お孫さんへ贈る場合は結構高額です。おじいちゃんやおばあちゃんの中には「孫にお金がかかるから、まだまだ現役や非常勤で働かないとダメだわ」と言っておられる人が多いのも、頷けます。 祖父母から孫へという場合の相場は、小学校入学で2万円から5万円、中学校も2万円から5万円、高校入学の場合は3万円から10万円、大学の場合は10万円前後となっています。 品物にする場合は、小学校ならランドセルを買ってあげる、学習机を買う、入学式に着る服を買うなどが多いです。母方の祖父母がランドセル、父方の祖父母から机という家もあります。 中学生や高校生へ品物で贈る場合は、腕時計やスマートフォン、電子辞典やパソコンなど、通学や学習に必要なもので値段の張る物を祖父母が買ってあげるというパターンが多いようです。 大学入学の場合は、入学式のスーツ一式や一人暮らしを始めるケースでは家具や電化製品を祖父母が買う、引っ越し費用を祖父母が出すというパターンが多くなっています。 渡す時期は入学が決まってから遅くても入学式の2~3週間前までにしましょう。最近は、早めにランドセルを購入しないとお気に入りの物が店頭にはないということもあるので、夏ごろに買いに行く人も多いです。 知人や親せきの場合は、お付き合いの深さにもよりますが、小学生であれ高校生であれ一律5000円から1万円くらいで良いでしょう。 しかし、何人も親戚に入学する人が重なると、これらの出費も痛い物があります。 今までで貰って一番嬉しかったお祝いは、小学校の入学祝いとして「お金がちょっと苦しいから、名前を書くのを手伝うわ」と妹に言われたことだという人もいます。 おはじき1個1個にまで名前を書かなくてはならないので、大変な作業ですが妹さんがお祝いの代わりに手伝ってくれたそうです。こういうお金や品物ではなく労力でお祝いするのも一方法です。 幼稚園や保育園の場合は、上履き袋とかはさみを入れる袋とかいろいろな物を作らなければならない所も多いです。お裁縫が苦手な人には、こういうのを代わりに作るというのもとてもありがたい入学祝いです。
nice!(0)  コメント(0) 

ひな祭りおすすめのレシピ、献立は?ちらし寿司だけじゃない、最新のひな祭りケーキって? [3月のイベント]


毎年3月3日はひな祭りの日。

ひな祭りとは女の子の健やかな成長を祝う年中行事で、毎年雛飾りや雛人形を家に飾るという方もいると思います。

そんなひな祭りですが、雛人形を飾る以外で何をしたらいいのだろう…と思っていらっしゃる方も少なくないのでないでしょうか。

そんなあなたに、ひな祭りおすすめの献立とそのレシピ、ちらし寿司や流行中のひな祭りケーキについてご紹介いたします。

まず定番はちらし寿司です。
ちらし寿司が定番メニューになった理由としては中に入っているえびが長生きを、れんこんは見通しが利く、豆は元気で豆豆しく働けるなど縁起のいい具が多く入っていることと、その色とりどりで華やかな彩りが女の子のお祭りにぴったりだということがあげられます。

ご飯にすし酢(ない場合は普通の穀物酢や米酢にお砂糖を足してあげてください)を入れて切るように混ぜ、その上にお好みの具材を乗せるだけの簡単レシピなので、ぜひお試しください。

続いてははまぐりのお吸い物をご紹介します。
こちらも定番メニューですが、実ははまぐりのお吸い物は鰹出汁を使わずに、はまぐりと昆布出汁のみで作るため正式には“潮汁(うしおじる)”というのだそうです。
レシピとしては、まずはまぐりに海水程度の濃度の食塩水(水100mlに対して3g程度の塩を入れる)を少し貝の頭が出るくらい入れ、3時間程度冷暗所に置いておき砂抜きをします。

そして水の状態からはまぐりと昆布を入れ、強めの弱火でじっくり火を入れ、沸騰したら昆布を取り出しアクをとります。

沸騰後は弱火にし、はまぐりが開いたあとは煮立たせ過ぎずお好みで塩を加えて完成です。

難しそうに見えますが実際の調理時間は短く、とても美味しいですので、こちらもぜひ挑戦してみてくださいね。


そして今話題のひな祭りケーキ。
聞き覚えのない方も多いのではないかと思います。

というのも、ひな祭りの為のケーキが各地のケーキ屋さんで販売されるようになったのはここ数年のことだからです。

昔はこの日のお菓子といえば雛あられや菱餅というイメージでしたがお菓子も時代によって変化しているようです。

前述の通りひな祭りケーキは近年では多くのケーキ屋さんで販売されていますが、中ではちらしずしとこのケーキを合体させたような「寿司ケーキ」なるものも流行しているようです。

市販のものでも、女の子のお祭りであるこの日のための可愛らしいケーキがたくさんありますのでぜひそちらも要チェックです。


nice!(1)  コメント(0) 

バレンタインデーを攻略するにはどのようなチョコやクッキーを贈るべきか [2月のイベント]

好きな相手がいてもなかなか告白をする勇気が出ず、そっと見つめているだけだという女性は決して少なくありません。

見ているだけでは満足できなくても、もしも告白をして振られてしまったら今の関係さえも崩れてしまうかもしれない、
もう二度と会えなくなってしまうかもしれない、そのように考えると行動を起こすことを躊躇してしまうことも十分に考えられます。
また、女性である自分から告白をすることは、男性に敬遠されてしまうのではないかと思う人もいるでしょう。そのような女性にとって、バレンタインデーは勇気を持って告白をする絶好の機会だといっても過言ではありません。

バレンタインデーは女性から男性へ告白をする日として定着しており、その日を決戦の日として何ヶ月も前から準備に時間を費やす人もいるほどなのです。

告白を攻略するため、
相手にどのようなチョコを贈れば良いのか、
そもそもチョコよりもクッキーの方が喜ばれるのかなど、様々な悩みを抱えながら女性は準備をしています。
チョコ1つにしても、自分の気持ちを十分に伝えるためには手作りした方が良いと考える一方で、
手作りだと重く受け止められやすいことを考慮し、市販を選んだ方が良いかもしれないと
考え直し、複雑な気持ちでいっぱいになってしまう女性を想像することは容易いのです。

当然のことながら贈る相手の年齢や性格などによって一概には言えませんが、
一般的には手作りよりもおしゃれな市販のチョコやクッキーが喜ばれるようです。
自分のために購入するには少々高価だと思ってしまうような、菓子ブランドの品が好まれる傾向にあります。
市販であれば味は保証されており、贈る方も贈られる方も安心感があるのです。ただし、購入したものをそのまま贈るだけでは、攻略とまではいえないでしょう。

そこで大切になるのは、贈る方が自分らしさを表現することだといえます。
例えばラッピングに手間を加え、自分らしさを演出する方法があるのです。雑貨屋などにはラッピング用の小物が数多く出回っているため、材料を手に入れることは難しくありません。包装紙やリボンで自分らしい味付けをし、工夫を凝らすことで印象を強くする効果が期待できるのです。
また、直筆のメッセージカードを添え、自分の気持ちを伝えるという方法もあります。
パソコンが主流の現代において、直筆はより心に響くといえ、チョコやクッキーだけではなくカードを添えることで、他とは異なる印象を与えられるのです。


nice!(0)  コメント(0) 

節分における豆まきの意味とその由来 [2月のイベント]

節分における豆まきは魔を払うという意味があったと考えられています。 邪気という考え方があって、この邪気が入ってくると、人に様々な災いをもたらすことになると考えられていたのがその由来というわけです。
そして、その邪気を具現化したものが鬼という存在で、これが来ると様々な病気にかかったりするというように考えられたというわけです。そして、その邪気を払う儀式を季節の変わり目に行っていたことから、節分という言葉が出来上がりました。 節分という言葉は季節を分ける大切な日だと言えます。
今でいうところの節分は、昔の暦で言うと大晦日のような時であったので、一年で最も大切な時にあたるということで、この時に邪気を払って、新年には良い事が訪れるようにという意味が込められています。 この時に豆を使用するのは、豆には大きな力が宿るとされていたからです。
具体的には邪気を追い出すことが出来るものと考えられていました。
豆は昔から様々な儀式に使用されていて、お米に次いで力があるという様に考えられたていました。 お米も人に欠かす事が出来ない穀物ということになりますが、豆も同じように欠かす事が出来ないものであったという事と、早く成長するということから、神聖な力が宿ると考えられたのでしょう。
何しろお米にしろ、豆にしろ自然に放っておけば芽が出て大きく成長して大きな実りを与えてくれるという事になるわけですから、その原理が分からない昔の人からすれば、これには神聖な力が宿るというように考えられたのも無理はありません。
その力でもって、邪気という目には見えない存在を払う事が出来るというように考えたのも無理からぬことでしょう。
この豆まきには炒ったものが使用されます。というのは邪気を払った豆から芽が出てくるという事は不吉だとされたので、炒った芽が出でこないものを使用するという事をしていたわけです。ですから、 豆は前日に用意をしておいて、神棚に供え、当日に炒っておいて、それを夜に使用して豆まきを行うというのが一般的です。
夜に豆まきをするのは、鬼は夜にやってくると考えらていたからで、その鬼に対して豆を投げることで、鬼を外に追い出すと考えられていました。以来、夜にする儀式として定着しています。

タグ:節分 豆まき
nice!(0)  コメント(0) 

成人式で成人祝いを渡す時期と金額の相場 [1月のイベント]

1月の第2月曜日は成人の日であり、成人式が行われる市区町村もたくさんあります。身内に成人する人がいるという場合、成人祝いを渡す時期や金額の相場などをチェックしておきましょう。  

金額の相場は相手との立場によって変わってきます。 祖父母なら1~10万円程度でおじやおばなら1万円、その他の親類や知人などは5千円程度で良いでしょう。 成人のお祝いは身内のお祝いであり、儀礼的なつきあいでのお祝いは不要とされています。

成人のお祝いは成人式の当日までに渡すのが一般的です。 遠方に住んでいるとなかなか渡す機会がないかもしれません。 そのような場合でもできるだけ当日までには渡せるようにしておきましょう。 成人の日は1月の第2月曜日であり、新年の集まりの時に渡すという人も多いです。 その場合はお年玉と成人祝いを一緒にして渡すのは良くありません。これらはあくまで別物ですし、それぞれ違う袋に入れて渡すことがポイントです。 成人のお祝いは人生の節目となる大切なものであり、身内や親しい相手であっても礼儀を尽くしたお祝いを心がけましょう。 成人祝いを用意していたけれど、渡すのを忘れてしまったり、渡すタイミングを逃してしまうこともあるかもしれません。しかし、成人式を過ぎてしまったら渡せないというわけではありません。 渡す時期を過ぎても何かのタイミングに合わせて渡すようにしたり、気付いた時点でお詫びする言葉を添えて渡すよいにすれば問題ないでしょう。 成人のお祝いは一生に一度のものですし、できればその時期にお祝いの気持ちを伝えてあげることが大切です。 御祝金は必ずご祝儀袋に入れて渡しましょう。 水引は紅白で蝶結びご祝儀袋を選び、表書きは御祝や祝ご成人、御成人御祝などと書くようにします。 蝶結びは簡単に解くことができますし、何度も繰り返して結び直すことができるため、出産や入学、新築祝いなど何度あっても嬉しい祝いごと全般に使われます。 ご祝儀袋の中には水引が印刷されているものなどもありますし、どれにしたら良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。袋だけ立派で中味と釣り合いが取れていないのは良くありませんし、 金額が1万円程度なら水引が印刷されているものを選ぶのがおすすめです。 ちなみに、ご祝儀袋を購入する場合、パッケージに金額の目安が書かれているのでそれを参考にすることもできます。 お祝いごとには新札を用意して入れることがマナーです。 お札は肖像のある側が封筒の表面を向くように入れましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

お年玉は何日までで、あげる範囲はどこまでで、何歳までが相場か? [1月のイベント]

お年玉は何日までがあげる期間という事で決まっているわけではありませんが、努力目標のようなところでお正月の三が日の間に渡すという事が理想的なところです。 直接会う事が出来ない事も少なくはないですから、遅くとも15日までには渡すというのが、一般的です。 これを過ぎるとお年玉というよりはお小遣いになると考えても良いのかもしれません。 別にこのお年玉は義務ではありませんから、是が非でもにこの期間でなければならないという事はありません。お正月の一つの儀式のようなものとなっているので、一般的には正月の三が日が基本だと考えておいて良いと言えます。 あげる範囲についても特に決まりがあるわけではありません、子供にあげるという人もいれば、子供にはあげないけれども、甥や姪にはあげるという人もいて、かなりのばらつきがあります。。親戚にあげるというようなケースでも、基本的には直接お正月に会うという事が基本になっていて、会わなければあげないという事が多くなっているといえます。ですから、親族だからということよりも、お正月に直接会うのかどうかという事が大きな意味を持ちます。 年齢については何歳までが相場なのかというと、20歳を基本的な区切りというように考えている人と、大学を卒業するまでというように考えている人が多いです。大学を卒業していなければまだ自分で稼ぐ事が出来ていないという事で、大人というように見なしていないという事になるのかもしれません。 これについても人によって大きく異なるところがあって、何歳でも貰う事が出来るというような家庭もあれば、高校生でもらえなくなるという事もあるようですから、一概にこれ辺りというように区切る事が出来るような事でもないようです。 お金に関することですから、その家庭の事情なども大きく関係してくる事になるでしょうから、厳しい状況にあるということになれば、当然お年玉を渡す範囲を絞り込んでもよいでしょう。 義務としてこれだけの事をしなければならないというように決まっていることではなく、完全に渡す方の一方的な善意によるものですから、極めて、個人によって差があるという事になるわけです。その人の躾などに対する考え方によるところも大きくて、子供にお金は渡すべきではないという人は1円もあげないというケースもあります。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -